読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう

関ジュの皆さん、松竹座無事終了お疲れ様でございました!!8/2から走り続けたこの夏のことが、皆の糧になり、そしてこれからの道に繋がると祈っております!!!

って!!!おっそ!!!あまりにも遅すぎる楽終了エントリに自分でも愕然です。すいません。とりあえず言い訳させて頂くと、自分内の考え事と絡めて公演の総括を書こうとしてつまずいた、という感じです。考え事のことを書こうとすると、どうしても暗く苦い話になりそうなんで、自分でも書いてて前に進めなくて困りました。
なので!ここは切り替えて!素直に公演の感想を書くということで!!(なんとまぁ自己満な話だ)
楽日のレポをいくつか拝見させて頂いて、トシローの手紙の部分の追加点のことを知りました。
その内容を見るとすごくグッとくるものがあって、嬉しいやら感動するやらで、涙が出てきました。トシローは死んでしまったけれど、濱ちゃんはしっかり生きていて、関ジュの皆も生きているからこそできた手紙のやりとり。
生きること、仲間がいること、夢があること、この3つが舞台の意義だったと最後の最後に気付かされました。(色々遅いよ!)頑張ってる皆を見て、ただただホワホワした気分になることも楽しむ一つではありますが、せっかくのお芝居なので。舞台の意義というものを実感できて、私自身にとってもとても良い体験になりました。
関ジュの皆はこれから、たくさん嬉しいことも、つらいこともあるだろうけど、今回深まった絆でどんどん前に進んでいってほしいです。そんな頼もしくて、何時でも傍にいる仲間たちと、大智くんが言ってた「上を目指しましょう」(これは濱ちゃんへ向けての言葉でしたが…)っていう夢があれば、きっと叶わないことは無いような気がします。それくらい関西の子達が輝きに満ちてるなと感じてます。
新参者過ぎる人が何言ってんだ!って話ですいませんが。この夏に立ち会えて本当に嬉しいかったです。心からありがとうです。
次回いつ見られるかわかりませんが、あらし京セラ期待していいでしょうか(オイ)
次の関西コン楽しみにしています!!!